[PR]

 18日の準々決勝で、報徳学園(東兵庫)のショート小園海斗君(3年)は、済美(愛媛)打線の痛烈な打球を軽快な動きでさばいた。

 小園君の脚力は幼い頃に鍛えられた。小学校が兵庫県宝塚市の六甲山系に連なる行者山の中腹にあり、ふもとに住む小園君は毎日往復40分かけて坂道を歩いた。「学校に早く着いて友達とドッジボールをするのが楽しみで、走って行くこともあった」。その小学校から報徳学園のグラウンドが見えた。「小1から野球をやっていたので、報徳学園で活躍するのが夢だった」

 入学後は俊足と好守で1年春からベンチ入り。昨秋には2年生ながらU18(18歳以下)ワールドカップの日本代表に選ばれた。1学年上に清宮幸太郎選手(現日本ハム)や中村奨成選手(現広島)らがいた。「自分の体は小さくて細すぎる」。最後の夏に向け、授業の合間や練習中に白飯を食べ続けた。

 出場できなかった今春の選抜大会をスタンドで観戦すると、中学の元チームメート、大阪桐蔭(北大阪)の藤原恭大君(3年)が躍動していた。「夏こそはここで絶対プレーする」と誓った。

 「日本一を目指し、苦しい練習にも耐えて意識を高め続けよう」と、帽子のつばには「日本一のショート」と書いた。グラブには刺繡(ししゅう)をした。「守備範囲の広さや打球へ近づくスピード、グラブさばき、送球の正確さは高校で1番だと思っている」。体重は昨秋から7キロ増の約80キロと一回り大きくなり、鋭い打球も出るようになった。チームも結束を固め、この夏の甲子園出場を果たした。

 同じ背番号6の大阪桐蔭(北大阪)の根尾昂(あきら)君(3年)を意識する。体格も180センチ、80キロとほぼ同じ。小園君は「肩では負けるが、それ以外は自信がある。打撃では飛距離は負けても、打率は勝つ」と競争心を燃やした。

 小園君は初戦の聖光学院(福島)戦で二塁打を3本放ち、全得点を自ら踏んだ。根尾君は「守備も打撃もすごい。ただ、チームを勝たせることが一番。僕は『ショートで日本一』になりたい。この大会が終わったら、結果が出ていると思う」と話した。

 根尾君はこの日の浦和学院(南埼玉)戦で先発登板もして、本塁打も放って勝利した。ただ、小園君は終盤の守備に乱れが出て、チームも惜敗。「大阪桐蔭と勝負できず、残念です」と悔しさをにじませた。(山崎毅朗、遠藤隆史

こんなニュースも