[PR]

(18日、高校野球 金足農3―2近江)

 金足農の一塁側アルプススタンドでは、1年生で新聞部の東咲耶(あずまさや)さん(16)が試合を見守った。

 甲子園の取材は、4人の部員が交代で担当している。「文章が上手になりたくて入部した」という東さん。九回のサヨナラ劇に「興奮して、どう書いたらいいかわかりません!」。顧問の船木静教諭(59)は「9月に出す6ページの新聞で特集を組みます」と話した。

 同部は年3回のタブロイド判「金農高新聞」のほか、2週に1回ほど、「金農EXPRESS」というプリント新聞を出している。今年は学校創立90年。同校の有名OBにインタビューした新聞も発刊した。プロ野球ヤクルトの石山泰稚選手や元プロボクサーの三浦隆司さんらを手分けして取材した。東さんは大相撲の豪風関を担当。「緊張したけど、丁寧に話してくれました」(浅野真)