[PR]

 長岡市寺泊夏戸の市トキと自然の学習館の観覧棟「トキみ~て」で18日、4羽のトキの一般公開が始まった。佐渡島以外でのトキ公開は、2016年のいしかわ動物園(石川県能美市)に続いて2例目。

 トキは鳥インフルエンザなどへの大量感染を防ぐため07年から佐渡島外での分散飼育を開始。現在は東京、鳥取など4カ所で育てている。旧夏戸小学校跡地に建設した長岡市分散飼育センターは11年から飼育開始。12年には旧校舎を再利用して学習館を開設した。センターでは今春生まれた6羽を含む12羽を飼育。非公開だが、学習館のモニターで観察できる。

 センターに隣接する位置に建てられた観覧棟は木造平屋。公開されたトキは佐渡から移送された8~14歳のオス4羽で、入館者は西側と南側にあるマジックミラーの大きな窓越しにトキを観察できる。近くで観察できるチャンスは午後1時過ぎ。池に放されたドジョウをつかまえて食べる様子を見られる。

 観察棟の愛称を考案した寺泊中…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら