[PR]

 北海道標津町の標津サーモン科学館で、ユニークな顔の魚たちが人気を集めている。特に、厚い唇が特徴のフサギンポと、丸い体形で愛くるしい顔をしたフウセンウオが注目を集め、来館者が展示水槽を見入っている。

 フサギンポは、国内では山陰以北から北海道全沿岸に分布し、水深10メートル前後の岩礁域や内湾に生息。全長は50センチほどになる。頭に皮弁という房状の突起物が多数はえており、厚い唇とともにユニークな顔を演出している。

 フウセンウオは、その名の通り風船のような丸い体形が特徴。寒冷な海に分布し「北の海のアイドル」とも呼ばれる。泳ぎは苦手だが、同科学館の個体は人が近づくと、小刻みに体を震わせて水槽の底から浮き上がり、可愛い泳ぎを見せてくれる。

 同科学館の市村政樹館長は「サケ科魚類の展示種類数が日本一の『サケの水族館』ですが、標津町沖などのオホーツク海に生息する魚の展示にも力を入れています。ぜひ個性的な魚も見に来て」と話している。(神村正史)