[PR]

 第100回全国高校野球選手権記念大会は第15日、準決勝2試合が行われる。第1試合はエース吉田を中心に勢いがある金足農(秋田)と勝負強い日大三(西東京)が対戦。第2試合の済美(愛媛)―大阪桐蔭(北大阪)は済美のエース山口直が春夏連覇を目指す大阪桐蔭の強力打線をどう抑えるか。

第1試合 金足農-日大三

 金足農の勢いか、日大三の勝負強さか。大会屈指の右腕を中心とした主導権の奪い合いに注目だ。

 金足農の快進撃の要因は、全4試合完投の吉田が1イニングに3点以上失わなかったことだ。3回戦は高橋の3ラン、準々決勝は斎藤の2ランスクイズと、終盤の逆転につなげた。劇的な勝ち方が続き、常連校が相手でも甲子園の雰囲気は味方しそう。吉田が粘れば、勝機を見いだせる。

 日大三はそうなる前に手を打ちたい。今年の打線はつなぎが身上。ここまで計615球の吉田は疲れからか要所でギアが上がらない場面が見受けられる。その隙をつき、ビッグイニングを作れるか。序盤で、1番金子、3番日置、5番中村の好打者がつながれば試合を優位に運べる。(小俣勇貴

第2試合 済美-大阪桐蔭

 大阪桐蔭の強力打線を済美のエース山口直が抑えられるかどうか。

 大阪桐蔭は準々決勝で4本塁打を含む12安打を記録。優勝候補の一角、浦和学院(南埼玉)を圧倒して勢いに乗る。今大会は4番藤原が3本塁打、5番根尾が2本塁打をマークするなど中軸が好調で、乗せると手が付けられない。

 山口直の売りは変化球の制球力だ。ただ、4試合を戦って3完投。すでに471球を投げているだけに懸念は疲労だろう。

 済美打線は2回戦で最大6点差を跳ね返し、史上初の逆転サヨナラ満塁本塁打で試合を決めた粘りが光る。柿木、根尾ら大阪桐蔭の好投手に食らいついて終盤勝負に持ち込めれば、勝機は十分にある。(吉永岳央)

こんなニュースも