[PR]

 鹿児島県鹿屋市の市立吾平(あいら)小学校で19日、校門前の坂を利用して全長130メートル、高低差25メートルのそうめん流し大会があり、約400人が「急流」と格闘した。

 夏休みの思い出づくりにと、保護者らが近くの山の竹を切り出した。昨年から始まった手作りイベントだが、評判を聞きつけて参加者は一気に2倍に。

 初挑戦だった5年生の小牧千夏(ちか)さん(11)も「そうめんのほかにミニトマトやゼリーも流れてきてびっくりしたけど、おいしかった」と喜んでいた。(周防原孝司)