[PR]

 大阪府吹田市で今年7月、朝日新聞販売所(ASA)アルバイトの女性(40)の胸などをナイフで刺したとして、府警は19日、府内の中学2年の少年(14)を殺人未遂と銃刀法違反容疑で逮捕し、発表した。少年は「日常生活でストレスがたまっていた。たまたま新聞配達の人が通りかかったので殺そうと思った」と話しているという。

 捜査1課によると、少年は7月18日午前3時半ごろ、吹田市尺谷の路上で新聞配達中の女性の胸や腹、足を複数回刺した疑いがある。女性は重傷を負ったが、命に別条はなかった。

 現場に残されていた足跡や、周辺の防犯カメラの映像から少年が捜査線上に浮上。任意で話を聞いたところ、「自分が刺した」と説明したという。少年が説明した当日の逃走経路も、捜査状況と一致した。