[PR]

 台風19号は19日午後、小笠原諸島の西南西沖合をゆっくりと西に進んだ。気象庁によると、20日ごろには発達して「非常に強い台風」となり、21日には九州南部から奄美・沖縄地方に接近する見通し。21日から22日にかけて大雨や暴風に警戒が必要になる。

 19号は20日午前0時現在、父島の西南西460キロの海上をゆっくりと西北西に進み、中心気圧は955ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は40メートルで、最大瞬間風速は60メートル。20日未明には、中心気圧は950ヘクトパスカルとなる見込み。

 また、18日には日本から南東の沖合で台風20号が発生。北西に進むとみられる。

関連ニュース