【動画】エジソン電球とゆかりの地=池田洋一郎撮影
[PR]

 石清水八幡宮のある京都府八幡市の男山周辺を歩くと、エジソンゆかりの様々なものに出合える。

 エジソン電球のフィラメントに使われた真竹が採取された男山周辺には、今もうっそうと竹林が広がる。石清水八幡宮の竹林に囲まれた参道を登り切った広場に、黒御影石のエジソン記念碑が立つ。背後には真竹が植えられているほか、碑の前には電気自動車の充電スタンドも設置されている。

 石清水八幡宮にはエジソン電球のレプリカのほか、蠟管(ろうかん)レコードやセルロイドのレコードなどのエジソンの発明品、エジソンの胸像なども残る。権禰宜(ごんねぎ)の児玉亮さん(44)は「昭和39年にはエジソンの娘のスローン夫人が石清水八幡宮を訪れ、立派な記念碑に感激されたそうです」という。

 ここには、エジソンにちなむ合格祈願の竹製絵馬もある。「合格」にかけて五角形(1辺約7センチ)で、表にはエジソンの顔、裏には彼の名言「1%のひらめき 99%の汗」が入っている。「受験生にすごい人気です」と児玉さん。

 エジソンを尊敬していた松下電器産業(現パナソニック)創業者の松下幸之助は、若い頃から石清水八幡宮を信仰し、氏子総代も務めた。その縁もあって、石清水八幡宮は2013年から、同社の寄贈により、境内の石灯籠(いしどうろう)などにLED(発光ダイオード)照明を導入、夜間拝観のライトアップに活用している。

 男山のふもとの京阪八幡市駅前…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら