[PR]

 「一休さん」として知られる一休宗純禅師ゆかりの大徳寺・真珠庵(しんじゅあん、京都市北区)で、襖絵(ふすまえ)約40面が約400年ぶりに新調され、23日に報道陣や関係者向けの内覧会が開かれた。一般向けには9月1日~12月16日に公開される。

     ◇

 「釣りバカ日誌」を40年近く連載している漫画家の北見けんいちさん(77)。「楽園」と題して、自身が50年以上通う与論島(鹿児島県)を舞台に、夕暮れの宴会の様子を描いた。

 北見さんが「何人描いたか分からなくなっちゃった」というぐらい、多くの人たちが宴(うたげ)を楽しむ姿が印象的な作品だ。北見さんが与論島に行った時に毎回開いている宴会がモチーフになっている。

 ローリング・ストーンズの歌を…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら