[PR]

 ジャカルタで開催中のアジア大会で、男子バスケットボールの選手たちが公式ウェアを着たまま深夜の歓楽街を歩いていた問題で、日本オリンピック委員会(JOC)は20日、関わった選手4人について、日本代表選手団としての認定を取り消し、同日早朝に帰国させたと発表した。

 JOCによると、帰国したのはいずれもBリーグ所属で永吉佑也(27)=京都=、橋本拓哉(23)=大阪=、佐藤卓磨(23)=滋賀=、今村佳太(22)=新潟=の4人。JOCは4人が日本代表選手団の行動規範に違反したと判断した。

 JOCによると、4人は16日のカタール戦を終えた午後10時ごろ、食事をするために選手村から外出。公式ウェアを着ていたことから日系人に声をかけられ、女性が接客する店を紹介された。その後、4人はそれぞれ女性を伴ってホテルに行き、17日未明に選手村に戻ったという。

 記者会見を開いた山下泰裕団長は「すべてが問題だが、(女性と)そういう行為に及んだことは一番許されない」と日本代表選手団の認定取り消し処分に至った理由を述べた。

 4人の認定を取り消したことでエントリー選手は8人になるが「チーム全体の連帯責任として出場を差し止めるには合理的な根拠が十分ではない」として、大会には引き続き参加する。

 山下団長は「あらゆる機会を通じて行動規範の徹底を呼びかけ、チームの覚悟と誇りを意識づけてきたつもりだが、十分ではなかった」と話した。(ジャカルタ=照屋健、中小路徹