【動画】大型クルーズ客船が大分・別府に急きょ寄港し、予期せぬ「特需」でにぎわった=加藤勝利撮影
[PR]

 台風接近に伴い、中国・上海発着の7万トン超級大型クルーズ客船が航路を変更し、20日朝、大分県別府市の別府国際観光港に寄港した。乗客の中国人らが県内の主要観光地を巡り、同日夕に出港。観光関係者らは急な準備に追われつつも、予期せぬ「特需」でにぎわった。

 この客船は、「スーパースター・ヴァーゴ」。バハマ船籍で、全長268・6メートル、総トン数7万5338トン。午前9時前、中国語圏を中心とした乗客約2千人を乗せて別府港に姿を見せた。乗客は別府大生の通訳らから観光情報を得て、別府地獄めぐりや湯布院散策、大分市のうみたまご、臼杵石仏などへ。各地へのツアーバス31台のほか、フリーツアーのタクシーにも慌ただしく乗り込んだ。

 夏休みの終盤で観光地は人出が減りつつあるが、この日ばかりは、人気の地獄めぐりは激しい蒸気に驚き、写真撮影に追われる中国人でにぎわった。400人ほどがツアー先に選んだ大型スーパーでは、おむつや化粧品、菓子などを袋いっぱいに詰め込んだ中国人らで免税手続きカウンター前に行列ができた。支配人は「お客さんの数が普段と比べ3割ほど増えた」。

 県国際観光船誘致促進協議会の…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら