写真・図版

[PR]

 台風19号は21日夜から22日にかけて非常に強い勢力で九州や奄美地方などに接近する見通しだ。気象庁は南東から雨雲が流れ込み、特に大分県などで22日に大雨が降る恐れがあるとする。暴風や高潮にも注意を呼びかけている。

 19号は21日午前0時時点で、南大東島の東北東約300キロを時速約20キロで西北西へ進んでいる。中心気圧は955ヘクトパスカルで、最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。21日午前6時には発達して非常に強い台風となり、その後、奄美大島に接近するとみられる。

 その後も九州の沿岸を北上する見通しで、22日には、長崎県などで暴風への警戒も必要としている。

 21日午後6時までの24時間の雨量は、いずれも多い所で、沖縄地方で120ミリ、九州南部・奄美地方で100ミリ。22日午後6時までの24時間では九州南部・奄美地方で300~400ミリ、山口県を含む九州北部地方で200~300ミリ。

 日本の南方にある台風20号も23日ごろから日本列島の太平洋側に近づく見通しだ。気象庁によると、20号までの発生数でみると、統計開始以来、史上2番目に速いペースで台風が発生している。熱帯域の海面水温が高く、インド洋のモンスーンが強まっていることで、台風ができやすい状態が続いているという。