[PR]

 第100回全国高校野球選手権記念大会は20日、準決勝があり、金足農(秋田)が日大三(西東京)を破り、決勝進出を決めた。 一塁側アルプス席に陣取った金足農の教諭や生徒ら約250人は、3回戦で横浜(南神奈川)を本塁打で逆転して破った17日から、ずっと関西に泊まって応援を続けている。渡辺勉校長(55)は「秋田の農業高校が100回大会の決勝で戦えるなんて、夢だよ夢!」とうれしそう。

 延泊が続き、生徒の滞在費をまかなうため、同窓生から追加で寄付金を募る予定だ。渡辺校長は「うれしい悲鳴ですね」。野球部は学校でも中心の存在といい、「強い部活の子たちが学校を率先して良くしてくれている。私たちも頑張り、見守ります」と力を込めた。(江向彩也夏)