【動画】神奈川県警幸署の振り込め詐欺防止音声に声優の浪川大輔さん登場=県警提供、山下寛久撮影
[PR]

 増え続ける特殊詐欺に歯止めをかけようと、神奈川県警幸署は7月末から注意を呼びかける放送に「プロ」を起用した。音声を提供したのは海外映画の日本語吹き替えなどで知られる声優の浪川大輔さん(42)。署は感謝状を贈った。

 浪川さんは映画「スター・ウォーズ」のアナキン・スカイウォーカーら、海外映画の日本語吹き替えやアニメの人気キャラクターなどを担当。署が管轄する川崎市幸区内に親戚が住んでいる縁で今年6月に署が依頼したところ、「少しでも協力できるなら」と快諾したという。

 音声は「在宅中もご自宅の電話を留守番電話に設定してください」など2種類で各40秒ほど。ゆっくり、はっきりと発音し、犯人役の部分では語気を強めて印象に残るようにするなどの工夫も凝らした。浪川さんは「同年代や応援してくれる人が高齢者に注意喚起をしてくれれば、少しは被害を食い止められるかもしれない。(知識が)広がっていくいい機会になれば」と話した。

 署によると、今年に入り19日までに同区内で認知した特殊詐欺被害は58件で被害額は8千万円以上。キャッシュカードを渡すよう求める手口が多いという。(山下寛久)