[PR]

 インドネシアで開かれているアジア大会でバスケットボール男子日本代表の選手4人が日本選手団の公式ウェアを着たまま、女性とホテルに行っていた問題で、日本バスケットボール協会は20日、東京都内で記者会見を開き、三屋裕子会長が「軽率で思慮に欠けた不適切な行動により、バスケットを応援し、支えて下さっているみなさまにご迷惑をおかけしたことを心からおわび申し上げます。日の丸を胸に戦いに臨んだ選手のする行動ではないと思っている」と陳謝した。

 不適切な行為だとして選手団員の認定取り消しを受けた選手4人は同日、インドネシアから帰国して記者会見に出席。4人は「私たちの軽率な行動により、JOC(日本オリンピック委員会)、バスケット協会、選手団のみなさまに多大なるご迷惑をおかけし深く反省します」などと語り、頭を下げた。