[PR]

 国立環境研究所(茨城県つくば市)などの研究グループは、過去65年間でサンゴが九州から関東へ北上する様子を明らかにした。黒潮や対馬暖流にのったサンゴが、地球温暖化の影響で海水温が上昇したことで千葉県の房総半島まで定着。高知県の土佐湾や熊本県の天草沿岸にはサンゴの大群落ができているという。

 同研究所の熊谷直喜研究員らは、主に1950年から2015年に発表された報告書や論文439点から、造礁サンゴ12種とコンブ類やホンダワラ類などの海藻30種の生息地の変化を追跡。海水温の変化や海流の影響からどのように移動したかを推定した。

 67年ごろに鹿児島県南部で確認された南方系サンゴが、90年ごろには天草まで、08年ごろには五島列島まで北上していた。また、79年ごろに三重県の紀伊半島で観測された別の南方系サンゴは、93年ごろに静岡県伊豆半島、07年には房総半島の館山と、28年間で約350キロ移動していた。

 一方、藻場は九州や四国で消滅…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら