[PR]

(21日、高校野球・甲子園決勝 金足農―大阪桐蔭)

 金足農の決勝進出を受けて日本航空は21日、秋田―大阪(伊丹)間に臨時便を出した。午前8時50分、快進撃に沸く82人を乗せ、秋田空港を飛び立った。

 金足農野球部OBの本川慎一さん(31)は当日朝、会社から休みをもらった。「僕らの時もほとんどがバント練習だった。金農の野球を貫いて、全国で戦えることを見せてくれた」。決勝は当時のユニホームを着て応援するつもりだ。

 秋田市の会社員水戸屋久美子さん(40)も金足農の卒業生。同校が8強入りした第77回大会(1995年)では応援団長を務めた。「試合が始まると、みんなテレビを見に家に帰るかパブリックビューイングに行って、町から人がいなくなっちゃう。私も昨日は寝られませんでした」と興奮を隠せない様子だった。

 臨時便は午前10時15分ごろ、伊丹空港に到着した。秋田県由利本荘市の渋谷瑛子さん(34)は昨夜、航空券と内野席のチケットを取り、仕事は休みにして臨時便に乗り込んだ。伊丹空港に到着後、客室乗務員からアナウンスがあった。「金足農業高校の健闘をお祈りしております」。機内が一斉に沸いて、拍手が起こったという。

 甲子園には午前中から、多くの観客が集まった。今春に金足農を卒業した吹奏楽部OGの村田あかりさん(19)と神彩良さん(18)は初めて甲子園を訪れた。

 準決勝に勝った後、「せっかく甲子園の決勝で試合をやるなら行かなきゃ」と2人で相談し、急きょ秋田県を出発。飛行機と夜行バスを乗り継いで、今朝、甲子園に着いた。大阪桐蔭には根尾昂(3年)ら注目選手も多く、「強いと思うけれど、精いっぱい声を出して応援する」と期待を込めた。

 秋田大会から毎試合応援に来ているという金足農野球部OBの中泉松之助さん(70)は「気づいたらここまで来ていた。不思議というか、奇跡というか」と感慨深げ。現役時代は二塁手。甲子園には届かなかった。「勝っても負けてもどっちでもいいんだ。でも、あわよくば、初めての夏の優勝旗を東北に持って帰ってきてほしいかな」