[PR]

 非常に強い台風19号は21日、鹿児島県の奄美大島に接近し、太平洋から東シナ海にかけて北西に進んだ。気象庁によると、22日も九州の西海上を勢力を保ったまま進むため、大雨や強風に注意が必要となる。

 台風19号は22日午前0時時点で奄美大島の北約100キロを時速15キロで北西に進んだ。中心気圧は950ヘクトパスカルで、中心付近の最大瞬間風速は60メートル、半径150キロ以内は風速25メートル以上の暴風となった。

 午後8時までに同県十島村の中之島で最大瞬間風速50・1メートル、奄美大島の奄美市笠利町で43・2メートルを記録。一部の村で避難勧告も出され、九州電力によると午後7時時点で、同県の1万6600戸が停電した。奄美空港発着の航空機や、大分県と愛媛県を結ぶフェリーなどに欠航が出た。

 22日午後6時までに予想される24時間雨量は九州南部・奄美地方で300ミリ、九州北部で150ミリ。23日午後6時までの24時間では、九州北部で200~300ミリ、九州南部で100~150ミリ。

 台風20号も21日は小笠原近海を北西に進み、23~24日にかけて西日本に接近し上陸する恐れがある。