[PR]

 オーケストラは、指揮者に向かって扇形に座って指揮棒を注視するのが常識だ。だが奏者全員が客席を向き、指揮者を見ない楽団がある。代わりに働かせるのが「耳」。2013年の設立以来録音中心に活動し、先月末、初の公開演奏会を開いた。

 「デア・リング東京オーケストラ」は、録音プロデューサーの西脇義訓(よしのり、70)が主宰する。日本フォノグラム(現・ユニバーサルミュージック)を経て、CD録音と制作のエヌ・アンド・エフ社を設立した。

 録音のときは空間全体の響きを聴き、「空気を録(と)る」ことを心がける。だがオケの奏者は周りの音を十分に聴かず、ハーモニーを作り出せていないことが多いと感じる。

 ヒエラルキー構造に原因をみる…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら