[PR]

 生活の足がなく、買い物に困っている人を支援する移動スーパー「とくし丸」が県内で広がっている。今年7月から新潟市や佐渡市でスタートし、20日からは加茂市を中心に3台目が走り始めた。地域のお年寄りに好評で、「うちにも来て」という声が続々と上がっている。

 21日午後3時すぎ。加茂市内の住宅に1台の軽トラックが停車した。荷台を開けると、トマトや桃、調味料やカップ麺、いなりずしやお菓子などの商品がずらり。家の中から杖をついて出てきた西村睦子さん(73)は、梅干し、飲むヨーグルト、おこわなどを購入し「助かります」とにっこりほほ笑んだ。

 西村さんは、昨秋まで自分で車を運転してスーパーに買い物に行っていたが、病気を理由に運転をやめた。介護休暇で帰省していた娘が9月からいなくなるため、移動手段がない生活が不安だった。「周囲にはコンビニもない。タクシーで買い物に行くと思っていたのでよかった」

 とくし丸(本社・徳島市)は、…

この記事は有料会員記事です。残り417文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り417文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り417文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース