[PR]

 大相撲の貴乃花親方(46)=元横綱、本名・花田光司=が21日午前10時すぎ、秋田市内で開催中の夏巡業の稽古中に、力士を指導している際に倒れ、救急車で運ばれた。関係者によると、救急車が到着した時には意識を回復したといい、病院で治療を受けているという。

 関係者によると、貴乃花親方はまわし姿で股割りをしている時に、心臓を押さえて倒れた。救急車が到着し、ストレッチャーに乗る時には問いかけに「大丈夫、大丈夫」と答えた。検査を受けるため、数日は入院する見通しという。

 貴乃花親方は、弟子の貴公俊(たかよしとし)が今年3月の春場所中に起こした暴行問題の監督責任などで最も低い「年寄」の階級に降格する処分を受け、審判部に配属された。夏巡業には審判員として同行していた。