[PR]

【アピタル+】患者を生きる・スポーツ「バセドウ病」

 甲状腺の病気を患っている人は国内に500万~700万人いると言われています。このうち240万人に治療が必要だと日本甲状腺学会は推計しています。しかし実際に治療を受けているのは45万人にとどまっています。バセドウ病は代表的な甲状腺の病気ですが、見逃されやすい面もあります。症状や治療法を、専門病院である伊藤病院(東京都渋谷区)の伊藤公一病院長に聞きました。

――甲状腺とは何ですか?

 胃や肝臓などと同じく臓器の一つです。内臓はその働きによって、たとえば心臓は循環器、胃腸は消化器に分類されますが、甲状腺は内分泌臓器の一つです。内分泌とは、体の内側に出るホルモンのことで、汗や涙のような体の外へと出ていく外分泌と区別されます。内分泌臓器には、ほかにも甲状腺の裏側にある副甲状腺や、脳にあって甲状腺をコントロールしている下垂体、さらにはそれらを支配する視床下部、腎臓の上には副腎などがあります。

――甲状腺はどこにありますか?

 首の「のどぼとけ」の下あたりで、気管という空気の通り道の前に位置しています。内分泌臓器のなかでは最も大きな臓器ですが、それでもわずか12グラム程度。チョウが羽を広げたかたちをしています。甲状腺がないと人は生きていけず、内分泌臓器のなかでは病気も一番多い。その役割を一言で表すと「元気の源」。生まれてから亡くなるまで、ずっと一定量の「甲状腺ホルモン」を出し続けます。病気は大きく2種類。一つは分泌されるホルモンが多すぎたり足りなかったりする「働きの異常」で、もう一つはがんなどの「形態の異常」です。バセドウ病は「働きの異常」にあたり、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されてしまいます。

――なぜホルモンが多く出るのでしょう?

 バセドウ病は「自己免疫疾患」と呼ばれます。免疫とは、本来は自分の体を守るために外から侵入してきたバイ菌などを壊してくれる働きのことですが、自己免疫疾患ではこの働きが過剰になります。しかし、どういう人にどのような原因でこの自己免疫疾患が起きるかは、まだはっきりしていません。患者さんは圧倒的に女性が多く、甲状腺の病気全体で見ると女性が男性より約20倍も多くいます。バセドウ病に限れば男性の比率が高くなりますが、それでも4対1くらいで女性が多く、とくに20~30代の女性が多数を占めます。そこで、男性の場合は病気が見逃されがちな面もあります。

――どんな症状が出ますか

 ちょっとホルモンが高いくらいなら、「元気の源」が増える程度で問題ないのですが、高くなりすぎると、まるで燃料を空だきした状態になり、じっとしていても心臓が高鳴ったり、食欲があってよく食べているのに体重が落ちたりします。あるいは、目がとび出てきたり甲状腺全体が腫れたり、気持ちがいら立ったりもします。

写真・図版

 難しいのは、「この症状だからバセドウ病だ」と明確に見分けられないことです。体重が減るのは糖尿病などに見誤られたり、動悸(どうき)が激しくなるのは心臓病や高血圧症と間違われたりします。イライラしたり気持ちが落ち込んだりするのも、更年期障害や精神の病気に勘違いされがちです。病気を見過ごされないために、患者さん自身や周囲の家族・知人、かかりつけの医師が「もしかしたら」と疑いの目を向けて、専門的な検査を受けてください。

――どんな検査方法がありますか?

 いまは血液検査をすれば、簡単にわかるようになりました。5cc程度の血液で、甲状腺から出ているホルモンの量や、脳下垂体から甲状腺をコントロールするために出ているホルモンの量がはっきり数値で表れ、甲状腺が過剰に働いているかを見分けられます。

 さらに抗体検査という方法があります。異物を攻撃する「抗体」が血液中にどれくらいあるかを測定することで、バセドウ病の重症度を数値でつかめます。また、これらの検査で難しい場合でも、甲状腺にどれくらいヨウ素が集められているかを観察する「シンチグラフィー」がある。アイソトープ検査とも呼ばれます。

――バセドウ病の治療方法は?

 昔から3種類で、薬による内科治療、手術、放射線治療です。日本では最初はほとんど薬による治療をしますが、米国では放射線治療が主流です。欧州はその中間でしょう。

 薬による治療の利点は、「入院しなくてすむ」「痛みがない」「通常の社会生活を営める」などです。薬を飲みながら病状をコントロールして、じっくり治療する方法です。一方で弱点として、薬では治りにくく、時間がかかります。症状がよくなると薬の量を次第に減らしていく「漸減療法」をとり、最後は薬を飲まなくてもホルモンが正常な状態になる持っていくのですが、3年や5年続けても治らない人が半数くらいいます。また、人によっては副作用が出ますが、これは飲んでみないとわかりません。もし副作用が出たら、薬の種類を変更したり、ほかの治療法に変えたりもします。

――つまり手術や放射線による治療をするということですね。

 手術はいちばん古くからされている治療法で、通常は甲状腺をすべて取り除きます。ホルモン量をゼロにした上で、甲状腺ホルモン剤という薬を飲み続けます。薬は生涯飲まないといけませんが、短期間で非常にすっきりと病気を治せます。

 放射線治療は、アイソトープ治療とも呼ばれます。放射線が出る薬を入れたカプセルを飲みます。薬剤が甲状腺に集まって放射線を出し、甲状腺の細胞を壊してホルモンを出ないようにします。放射線治療は1946年にアメリカで始まりました。日本は10年ほど遅れましたが、長い歴史があります。「がんが心配で」といった声も聞きますが、安全性がしっかり確立されています。妊娠中や授乳中といった事情がない人には、積極的に放射線治療をしている。カプセルを飲むだけの簡単な治療法で、確実に甲状腺ホルモン値を下げられます。ただし、治療できる病院は限られます。

 このように、バセドウ病の三つの治療法にはそれぞれ一長一短があります。患者さんに合った治療法がどれかを、主治医とともにしっかりと選んでいくことが重要です。

 

 ◇ご意見・体験は、氏名と連絡先を明記のうえ、iryo-k@asahi.comメールするへお寄せください。

<アピタル:患者を生きる・スポーツ>

http://www.asahi.com/apital/special/ikiru/(聞き手・伊藤隆太郎)