[PR]

「想定外」を考える

 21××年、医療はAI(人工知能)やロボットによって全自動化された。Aさんが治療カプセルに横たわると全身のスキャンが行われ、脳腫瘍(しゅよう)が見つかった。AさんはAIの判断に基づき、ロボット手術による治療を選択した。だが、手術は失敗。深刻な障害が残った。AIが治療法を導き出す過程でデータにバグが起こり、ロボットが誤動作。脳が傷ついたのだ。

     ◇

 AIの進歩で医療における人間の役割が変わりつつある。

 東京都港区の東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センターでは、スーパーコンピューターとAIを使って人間の全遺伝情報(ゲノム)を解析し、これまで診断が難しかったがんの診断に役立てる研究をしている。

 ゲノム解析によるがんの診断は、遺伝子のすべての変異を洗い出し、その中から有害ではない変異を除外。がんの原因の可能性がある変異を絞り込み、様々な論文などを基に治療の標的となる変異を特定する。手作業で標的変異を特定するには少なくとも2週間以上かかるが、AIならわずか数分だ。

 同センターではゲノム解析で従来の診断では見抜けなかったがんを見つけることにも成功している。急性骨髄性白血病が再発したとみられた例では、患者のゲノム解析をした結果、実際は慢性骨髄性白血病とわかった。ゲノム解析により、有効な治療が選択できたという。

 宮野悟センター長は「ゲノム解析しなければ、がんを本当には確定できない。膨大なデータを扱うにはAIは不可欠だ」と話す。

 画像診断の分野ではAIは人間を上回る。

 2017年12月の米医師会雑…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも