[PR]

(21日、高校野球・甲子園決勝 大阪桐蔭13―2金足農)

 「オレ、もう投げられない」

 今夏、一人で投げ続けた金足農の吉田輝星が、マウンドに励ましにきた二塁手の菅原天空(たく)に言った。五回、大阪桐蔭の猛攻を受けた時だ。「あんな弱気な輝星は初めてだった」と菅原天。この回を終え、主将の佐々木大夢(ひろむ)とともに、監督に投手交代を進言した。

 菅原天が「運命」と言う仲間だった。中学3年の秋に同じ硬式チームに所属し、「みんなでカナノウに行かない?」と声を掛け合った選手たちが中心。練習中はよくけんかもした。秋田大会に入ると結束。同じ9人で最後まで戦った。

 吉田は五回で降板し、ライトに回った。試合後に泣き出した吉田を、菅原天は「輝星が投げてくれたからここまで来られた。胸を張れ」と支えた。吉田は「この3年生が一緒だったからきつい練習を乗り越えられた」と感謝した。東北勢の初優勝はかなわなかったが、金足農の「絆」は甲子園に刻んだ。(坂名信行)