[PR]

 マクドナルドやスターバックスコーヒーなど、世界各地でおなじみの企業が相次いで使い捨てのプラスチック製ストローの廃止を表明した。どんな背景があるのか。

 米マクドナルドは6月、英国とアイルランドの計1361店で、2019年までにプラ製ストローを紙製に切り替えると発表。米や仏、豪などの店舗でも試行する。

 コーヒーチェーン世界最大手の米スターバックスも7月、20年までに世界に2万8千以上ある全店でやめると発表した。直接口をつけて飲めるふたや、紙製、自然分解される素材のストローにする。

 米アメリカン航空も自然分解されるストローに切り替え、米ウォルト・ディズニー社も米国のディズニーランドなど世界の直営施設(東京ディズニーリゾートは含まない)で19年までにやめる方針。

 日本では、ガストやバーミヤン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら