[PR]

 ジャカルタ・アジア大会第4日(21日)の競泳は池江璃花子(いけえ・りかこ)(ルネサンス)が女子100メートルバタフライで4個目の金メダルを獲得した。400メートル個人メドレーでは大橋悠依(おおはし・ゆい)(イトマン東進)が優勝した。男子200メートル平泳ぎで小関也朱篤(こせき・やすひろ)(ミキハウス)が金、渡辺一平(わたなべ・いっぺい)(早大)が銀メダルを獲得した。

 レスリングは男子グレコローマンスタイル60キロ級の太田忍(おおた・しのぶ)(ALSOK)と女子76キロ級の皆川博恵(みながわ・ひろえ)(クリナップ)が決勝に進んだ。

 バドミントンは団体準決勝を行い、女子の日本はインドネシアに勝ち、中国との決勝に進出した。男子の日本もインドネシアと対戦した。

 準々決勝進出が決まっているサッカー女子の日本は1次リーグ最終戦でベトナムに大勝し、首位で突破した。(共同)

こんなニュースも