[PR]

流れ星の夜に 御巣鷹33年:中

520人が亡くなった日航機墜落事故から8月12日で33年が過ぎた。群馬県内に勤務していた私は、事故翌日から数カ月に及ぶ現場取材にあたった。その後、山を下り四半世紀近く、避けるように「御巣鷹」から離れた。だが、あることを機に再び尾根へ登り始め、今年で9年ほどになる。今夏、33年ぶりにあの事故のことを書いた。

 「御巣鷹は不思議な山。ここで520人もの方が亡くなった。でも、この山があるから遺族はつながることができた、ともいえる。被害者は孤独なのよ」

 事故後、「8・12連絡会」を立ち上げて遺族間の連携をつくりあげた美谷島邦子さん(71)は、あの日から33年となった8月12日、御巣鷹の尾根で私にそう語った。連携の輪は広がり、この日も群馬県上野村の御巣鷹の尾根には中華航空機事故や地下鉄サリン事件、東日本大震災などの遺族が集っていた。

高松浩志(たかまつ・ひろし) 1960年生まれ。84年入社。静岡支局員、群馬県の太田支局員、東京本社制作部員、大阪本社整理部(現・編集センター)員、同センター特集版編集長、兵庫県の明石支局長などとして勤務。

 美谷島さんは事故で次男の健ち…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら