[PR]

 ジャカルタで行われているアジア大会では、初めてトランプゲームのブリッジが競技種目になった。ペアでカードを出し合うゲームで、世界100カ国以上でプレーされている。男女ミックス団体では日本代表から、世界的に珍しい「夫婦ペア」が出場。息の合った連携で初日の21日に優勝候補のインドネシア代表を撃破。2日目まで首位を走っている。

 アジア大会では過去にも「頭脳スポーツ」としてチェスや囲碁などが採用されている。

 「長年ペアでやってきた成果かな」。国内トッププレーヤーを送り込んだインドネシアペアに快勝し、上田哲也さん=59、大阪ガスケミカル=は笑顔で、妻の真理子さん(58)の顔をちらりとみた。

 英発祥のブリッジは、対戦する2組のペアがテーブルを囲んでプレーする。手持ちの13枚のカードから時計回りに1人1枚ずつ出し、1周して最も強いカードの人が勝ち。これを13回繰り返す。あらかじめペアで何勝できるか宣言し、達成度合いで点数が決まる。アジア大会は1試合16ゲーム、約2時間の長丁場だ。

 ペアのパートナーの手札を正確に予想できれば優位に立つが、対面にいて姿は仕切りで見えず、プレー中は会話もジェスチャーも禁止。出すカードの順番で自分の手札や作戦を伝え合う技術が求められる。

 男女ミックスのゲームでは実力者同士が「即席ペア」を組むことが多い。しかし、日本チーム(6人)には2組の夫婦がいる。コーチの原田裕己(ゆうき)さん(25)は「夫婦ならではの連携が日本の強み」と話す。

 ブリッジを通して知り合った上…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら