【動画】古座川の一枚岩=高橋伸竹撮影
[PR]

 清流「古座川」に沿って、高さ約100メートル、幅約500メートルにわたって悠然とそびえ立つ「古座川の一枚岩」。約1400万~1500万年前、火山活動により形成された巨大な一枚岩だ。割れ目のないその姿が極めてまれだとして、1941(昭和16)年に国の天然記念物に指定された。

 茶色い岩肌をキャンバスに、地衣類の一種「ヘリトリゴケ」が大小様々な白い楕円(だえん)模様を描く。2001年の調査によると、最も大きな個体は日本最大級。対岸にある道の駅「一枚岩」からは、望遠鏡でヘリトリゴケを観察できる。(下地達也)