[PR]

 東京都内東部の低地帯にある5区は22日、大規模水害が予測される場合に共同で総計約250万の被害想定者に対し広域避難を呼びかける方針を発表した。これまで各区で作っていたハザードマップも5区を一つにまとめたものにした。

 5区は江戸川、墨田、江東、足立、葛飾で、区内には海面より低い「ゼロメートル地帯」が広がる。2016年に広域避難推進協議会を立ち上げ、大規模水害の際の対応を検討してきた。

 想定は、これまでに経験がないような巨大台風が都心に上陸し、荒川と江戸川が同時に決壊。5区総計約260万人の人口の9割以上になる250万人が浸水被害を受けるとした。2週間以上水が引かないような「最悪の事態」だ。

 5区共同で段階に応じて住民に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら