【動画】藤井七段、里見女流四冠が公式戦初対局=瀬戸口翼撮影
[PR]

 将棋の高校生棋士、藤井聡太(そうた)七段(16)と女流棋士の里見香奈女流四冠(26)が24日、大阪市福島区の関西将棋会館で対局し、藤井七段が82手で勝った。藤井七段が公式戦で女流棋士と対局したのは初めて。

 第90期棋聖戦(産経新聞社主催)の一次予選で、将棋界の若きエースと、女流将棋界の第一人者の顔合わせとなった。対局は午前10時に始まり、持ち時間は各1時間。午後0時21分に終局した。終局後、藤井七段は「序盤、少し失敗気味だったかな、と思っていました。里見さんは手強い相手だな、という印象を持ちました。棋聖戦は(二次予選という)もう一つ上のステージに進めたらなあ、と思います」、里見女流四冠は「先手番を生かした序盤戦には出来たかな、と思うんですが、ただ、中終盤でのミスがちょっと悔やまれます。(プロ棋士養成機関「奨励会」の最終関門「三段リーグ」で2人は対局したことがあるが)藤井七段は、あっという間に上に駆け上がられて……。なかなか対局することが出来ない方(かた)だと思っていましたので、(今回)対局することは、すごく楽しみにしていました」と話した。

 藤井七段が勝ったことで、今年度の成績は19対局で16勝3敗となった。デビュー以来の通算成績は102対局で87勝15敗。

 里見女流四冠は今年度、男性棋士に公式戦で3連勝し、「棋士との公式戦における女流棋士の連勝記録」のタイ記録を達成。その次の男性棋士との対局では敗れたが、女流将棋界の六つのタイトルのうち女流王座、女流名人、女流王将、倉敷藤花(とうか)を併せ持つ実力を示していた。

 棋聖戦は、将棋界の8大タイトル戦の一つ。全棋士と女流棋士2人が参加。一次予選と二次予選がトーナメントで行われ、二次予選の勝ち上がり者とシード棋士の計16人で決勝トーナメントが行われる。決勝トーナメントの優勝者と棋聖が、例年6~8月に五番勝負を行う。現在のタイトル保持者は豊島(とよしま)将之棋聖(28)。今期の一次予選には109人が参加し、8組に分かれてトーナメントが進行中で、勝ち上がった8人が二次予選に進む。(佐藤圭司)