[PR]

 つくば市で25~26日に開かれる夏恒例の「まつりつくば」のオープニングパレードに、「セグウェイ」など4種類の移動支援ロボットが登場する。実証実験の一環で、市によると車道で実験をするのは国内で初めて。

 登場するのは、足が不自由な高齢者らの移動手段として開発されている4種類のロボット。「セグウェイ」(セグウェイジャパン)、「マイクロモビリティ」(産業技術総合研究所)は立ち乗り型で重心を前後に移動させて動かす。「ROPITS(ロピッツ)」(日立製作所)、「NENA(ニーナ)」(宇都宮大)は、座り乗りで手元のスイッチを操作して発進させる。

 走行実験はこれまで歩道に限られていたが、警察庁が今年3月、通達を改正。車両通行止めなどの規制が実施されていれば車道での実験が可能になった。

 オープニングパレードで走行す…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら