[PR]

支援通信

 西日本豪雨の被災地で活動するボランティアが減っている。「状況が落ち着きつつある」などとして、ボランティアセンターを既に閉所した自治体は全国で約50に上るが、広島ではいまだ収束の見通しが立っていない地域が点在する。広島県社会福祉協議会(県社協)が学生らの参加を呼びかけている。

 県社協はJR福山駅から各地へ送迎するボランティアバスを運行するが、22日は定員54人に対してボランティアは15人。バス2台で三原市と尾道市に振り分ける予定だったが、1台をキャンセルして三原市に絞った。尾道市社協の職員は「10人くらいはと見込んでいたので残念」と話す。近畿圏からより参加しやすいよう、もともとJR三原駅だった発着場所を福山駅に変えたばかりだが、連日思うように集まっていない。

 県社協は地元の海運会社の協力を得て、広島港から呉に海路でボランティアを運ぶ船も運航しているが、22日は定員100人に対して28人。29~31日にも運航する予定だが、24日午前時点で20人前後の申し込みしかない。

 県社協の豊永真智さんは「お盆明け以降、特に平日のボランティアが少なくて困っている。広島では坂町や呉市、三原市などではまだ収束の見通しが立たない。バスも船も中学生を除く15歳以上なら参加できるのでぜひ高校生、大学生にご協力をお願いしたい」と話す。

 ボランティア保険への加入と事前の仮登録が必要。集合場所と時間、仮登録のサイトは以下の通り。バス(25、26、28、29日に運行。JR福山駅午前7時45分集合)https://hiroshima.shienp.net/747別ウインドウで開きます▽船(広島港宇品旅客ターミナル午前8時25分集合)https://hiroshima.shienp.net/631別ウインドウで開きます。県社協への問い合わせは(082・254・3506)。(机美鈴)