拡大する写真・図版 秋田空港に到着した金足農の選手を多くの人が出迎えた=2018年8月22日午後3時41分、福留庸友撮影

[PR]

 第100回全国高校野球選手権記念大会で準優勝した金足農(秋田)の選手や監督らが22日、秋田空港に到着し、故郷に戻った。農業高校として今大会唯一出場し、秋田勢として第1回大会以来、103年ぶりに決勝へ進出した選手たちを、約1400人が出迎えた。

 準優勝盾を持った選手を先頭に吉田輝星投手らが現れると、集まった人たちは感謝の言葉を投げかけたり、スマホを向けたりした。選手たちは記念の花束を受け取ると、はにかんだような笑顔を見せた。