写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

 富士北麓(ほくろく)にある山梨県富士河口湖町船津の自動車部品販売会社が、野生動物の交通事故死(ロードキル)を減らそうと、動物が嫌う音を出す装置「鹿(しか)ソニック」を作った。車の前部バンパー付近に取り付け、動物を森へ帰す仕組みだ。

 高速走行の風圧を利用し、動物だけに聞こえる音が鳴る「鹿避け笛」はすでにあるが、ゆっくり走っても効果が出るようにと開発した。動物と車の事故が絶えない北海道など全国での活用が期待されている。

 開発したのは「T・M・WORKS」。きっかけは5年前、轟(とどろき)秀明社長(53)が出身高校の同級生と集まった際、15人中5人が運転中にシカとの衝突を経験していたことだった。

 富士山麓でロードキルは日常だ。環境保全団体「富士山アウトドアミュージアム」(富士河口湖町)によると、今年3月までの4年間に710件発生。シカが150件と最も多く、タヌキが90件で続いた。舟津宏昭代表(45)は協力者約150人から事故の一報が届くと、早朝や深夜でも現場に直行して調べている。「森に逃げ込んでから死ぬ動物もいるので実際のロードキルの数は2~3倍」と話す。

 轟社長によると、シカとまとも…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら