[PR]

 世界初とされるインスタントラーメン「チキンラーメン」が売り出されてから、25日で60年。大阪発祥の「国民食」は、独自の進化を遂げながら世界へ広がった。22、23日にはその大阪で「世界ラーメンサミット」があり、即席麺の未来について意見が交わされた。

 「環境負荷削減のため、業界全体でプラスチック素材を生分解性素材に置きかえていく努力を始めなければならない」。世界ラーメン協会の安藤宏基会長(日清食品ホールディングス社長)は23日、「大阪宣言」としてこう訴え、2日間のサミットを締めくくった。

 協会の加盟社は、全体で即席麺の世界市場(食数)の50%以上を占める。プラスチック容器も大量に使っていることから、土中や海中の微生物によって分解される「生分解性プラスチック」を採り入れる姿勢を示した。新たな素材は高価で普及には課題が多いものの、例えば、海外の一部で慣例化している付属のフォークをなくしたり、過剰な包装をやめたりして環境に配慮することが考えられる。世界でプラ製品の規制が厳しくなることも背景にある。

 協会の推計によると、2017…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら