シベリア抑留の犠牲者追悼、遺族らが参列 千鳥ケ淵

[PR]

 第2次大戦後、旧ソ連による「シベリア抑留」で犠牲となった人たちを追悼する集いが23日、東京都千代田区千鳥ケ淵戦没者墓苑であった。抑留体験者や遺族、ロシアなどの在日大使館関係者らが参列した。

 元体験者らでつくる「シベリア抑留者支援センター」が2003年から毎年開いてきた。同センター監事で抑留中に炭鉱作業などを強いられた新関省二さん(92)はあいさつで、体験者の高齢化が進む一方で、被害の全容が明らかになっていないと指摘。「日ロの専門家を総動員して共同で抑留の実態解明をしてほしい」と訴えた。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

春トク_2カ月間無料