[PR]

 上方落語のファン感謝祭「彦八まつり」が9月1、2日、大阪市天王寺区の生国魂(いくくにたま)神社で開かれる。奉納落語会や落語家によるバンド演奏、綱引き大会、のど自慢大会のほか、「噺家(はなしか)屋台」が40店ほど並び、ファンともふれ合う。

 上方落語の祖の一人、米沢彦八の碑がある神社で毎年開かれており、今年で28回目。今回は桂春蝶(しゅんちょう)が実行委員長を務め、1日午前11時にオープニングセレモニーを開く。正午からの奉納落語会は「二世コレクション2018」と題し、春蝶、桂米団治、林家木久蔵ら“二世噺家”が出演。午後6時からバンド演奏がある。

 2日は午前10時から。午後2時からののど自慢大会は歌手の香西かおりが審査員を務め、歌も披露する。3時からは桂きん枝の「桂小文枝襲名プレ落語会」。

 入場無料。落語会は2500円。問い合わせは上方落語協会(06・6354・7727)。(深松真司)