[PR]

 前市長のセクハラ問題で揺れた東京都狛江市が、市のゆるキャラ「安安丸(あんあんまる)」に委嘱した観光大使の任を7月に「解任」した、と明らかにした。「観光は人がPRするもの」と松原俊雄・新市長。ただ、安安丸のモデルは前市長とされており、イメージを変えたい思惑もあるようだ。

 安安丸は高橋都彦(くにひこ)・前市長が掲げた「日本一安心で安全なまち」の推進キャラクターとして2014年に誕生。ブルドッグがモチーフで「困った人を見たら助けずにはいられない性格」との設定だ。市によると、前市長は「自分がモデル」と話していたという。17年には観光大使に就任。着ぐるみがイベントに参加したり、ぬいぐるみが販売されたりしていた。

 ところが今春、前市長の複数の職員に対するセクハラ疑惑が浮上。前市長は辞職し、7月の市長選で松原氏が当選した。23日の記者会見で松原氏は「安心・安全の部分では安安丸はいてもいい」と「完全リストラ」を否定。今後の観光PRを担うのは、市出身で15年に観光大使になったお笑い芸人・近藤春菜さんや、自らも「トップセールスできる」と述べた。(河井健)