写真・図版 

[PR]

 カロリー制限や糖質制限。むやみにカロリーを抑えようとして、食事をとらなくなることで、摂食障害に陥る事例もあります。楽しいはずの食事に感じる「罪悪感(ギルト)」を取り除くために、どのような方法があるのでしょうか。

 罪悪感の源は人それぞれ異なる。食品に含まれる物質には、過剰な摂取や継続的な摂取により、少なからず体に悪影響を与えると考えられているものがある。必要以上のカロリーに罪の意識を感じる人、脂肪の多い食品を避けたい人、ミネラル分などを取り除いて精製された白砂糖に罪の意識を持つ人、人工的な着色料や保存料に注意を払う人もいる。

 そんな罪悪感から解放されるように、「ギルトフリー」の考え方で作られた食品が広がりつつある。食品会社などごとに定義は異なるが、低カロリーや一部の添加物を使わないものが多い。

 例えば、過剰摂取が冠動脈性心…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く