[PR]

 静岡県焼津市への移住者らが、市が3年前に作った実物大のカツオハガキの復刻に取り組んでいる。8月12日の「やいづの日」に製作費81万2千円を募るクラウドファンディング(CF)を立ち上げた。出資の募集は今月19日まで。

 呼び掛けたのは同市の田中秀典さん(38)。昨年末に仕事の都合で焼津に引っ越し、市役所に残っていた長さ55センチ、幅20センチのカツオハガキを目撃した。「なんだこれは!」

 もともとは市が、「親しい人への転居通知をこれで書いて」と転入者に窓口で配布したもの。1万5千枚を刷り、一部は市観光協会で販売したが、増刷はしなかった。

 田中さんは「ポストに入りきら…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら