[PR]

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されている「新庄まつり」が24日、山形県新庄市の中心部で始まった。各町内ごとに歴史の故事や物語、歌舞伎の場面を再現した20台の山車(やたい)を、法被姿の子どもや大人たちが引き、練り歩いた。

 夕方、電飾を輝かせた山車が集まり、新松本町若連が制作した戸隠の鬼女伝説を題材にした鬼女「紅葉伝説」を先頭に駅前通りをパレード、笛や太鼓に合わせ「チェレンコ、ヤッサー」のかけ声が響いた。

 本まつりの25日は午前9時、新庄天満神社のご神体が警護を伴って練り歩く神輿(みこし)渡御行列が最上公園を出発。山車も日中、市街地を巡行する。

 後まつりの26日は、市内中心…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら