[PR]

 東南アジア・ボルネオ島の生物多様性を守ろうと、愛知県豊橋市の豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)や北海道旭川市の旭山動物園など全国の6動物園などが協力し合うことになった。のんほいパークが事務局になり、希少な動物を守る活動に取り組む。

 プロジェクトに参加するのは、のんほいパークと旭山動物園のほか、福岡市動物園▽鹿児島市平川動物公園▽那須どうぶつ王国(栃木県那須町)▽神戸どうぶつ王国(神戸市)▽NPO法人「ボルネオ保全トラスト・ジャパン」。

 ボルネオ保全トラスト・ジャパンによると、ボルネオ島にはボルネオゾウやボルネオオランウータン、スマトラサイなど貴重な野生生物が生息している。しかし、森林伐採などが進み、熱帯雨林が大幅に減少。さらに、食品、洗剤、化粧品などに使われるパーム油の生産のために、アブラヤシ農園が拡大し、野生生物の生息環境が脅かされているという。

 そこで、6動物園などは島の野…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら