[PR]

 「前略、僕は日本のどこかにいます。」「ああ、ここだ、と思う駅がきっとある。」――。JRグループ「青春18きっぷ」の宣伝ポスターが、今夏もお目見えした。人はなぜ旅に出るのか。四半世紀余りにわたって80枚以上のポスターをつくってきた込山富秀さんは、今も考え続けている。

 18きっぷはJR全線の普通・快速列車が乗り放題になるJRの名物切符だ。毎年、春、夏、冬に売り出され、各シーズンには宣伝ポスターが駅などに貼り出される。歴代のポスター画像を集めたファンサイトがネット上にできたり、展覧会が各地で開かれたりするほどの人気ぶりだ。

 大手広告会社に勤める込山さんが、18きっぷポスターの仕事を初めて受けたのは1990年。それまでもJRの広告を担当していたが、いわゆる「鉄ちゃん」ではない。列車や車両が図柄のほとんどを占めるようなマニア向けのポスターにはしたくなかった。

 ではどうす…

この記事は有料会員記事です。残り2802文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り2802文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り2802文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら