[PR]

 オウム真理教元幹部13人の死刑執行を受け、ジャーナリストや学者らでつくる「オウム事件真相究明の会」が24日、東京都内で執行に抗議する集会を開いた。「松本サリン事件」で被害を受け、妻の澄子さんを後遺症で亡くした河野義行さん(68)が出席。今回執行された13人のうち4人と面会した経験を振り返り、「清らかな好青年だった。人は変わることができる。(執行は)本当に残念」と語った。

 松本サリン事件は1994年6月に発生。オウム真理教の信者が、長野県松本市の裁判官官舎に近い住宅街に猛毒のサリンをまき、8人が死亡、約600人の重軽症者が出た。第一通報者だった河野さんは当時、警察に事情聴取され、報道機関に「犯人視」された。

 河野さんは「被害者は、加害者を恨みながら心のバランスをとっている。執行されれば恨む対象もなくなってしまい、何の解決にもならない」と指摘した。被害者が抱える経済的な損失を補う制度が必要だとも語った。(岡本玄、阿部峻介)