[PR]

 鹿児島県霧島市の老舗かまぼこ店に、夏になると週末、行列ができるという。お目当てはかまぼこ……ではなく「かき氷」。なぜかまぼこ店でかき氷? 謎を解きに店を訪ねた。

 同市隼人町の「植山かまぼこ屋」は1925(大正14)年に創業した90年以上続く老舗だ。現在は4代目の植山吉将さん(40)が店を切り盛りしている。

 客のお目当ては夏限定のかき氷「紗雪氷(さゆきひょう)」(税込み486円)という。

 紗雪氷は、練乳と県内産の牛乳を混ぜて急速冷凍させ、薄く削ったかき氷。「薄い絹」を意味する「紗」という字を入れ名付けた。かき氷とアイスクリームの間のような味、ふわふわした食感が独特だ。シロップはマンゴーとチョココーヒーの2種類。9月末まで楽しめる。

 植山さんは故郷を離れ、東京の調査会社で営業の仕事をしていた。しかし25歳の時、母から突然、「店をたたむ」と電話で聞かされた。売り上げが落ち赤字が続き、「借金がないうちに」と、自分たちの代でやめるのだという。

 「故郷に店がなくなるなんて嫌だ」。植山さんは当時結婚したばかりの妻・美穂さん(40)と実家に帰り、店を継ぐことを決めた。店は商店街の中にあるが、区画整理が進み次々と周りの店が減った。街全体のにぎわいが失われていたことに驚いた。

 かまぼこは常連客が多いが、夏になると売り上げが落ちてしまうという。保存するための冷凍庫もガラガラに。「夏に売れるものはないだろうか」と思いついたのが、かき氷だった。

 「どうせなら、話題になる変わったかき氷をつくろう」と工夫を重ね、2011年夏、台湾で当時話題になっていた、牛乳やマンゴーなどを使ったかき氷「雪花氷」をイメージしたオリジナルの「紗雪氷」を発売した。

 「鹿児島では『白熊』が有名。練乳味になじみがあり、受け入れられると思った」と植山さん。SNSなどで話題になり若い世代の観光客が増え、1時間待ちの行列ができたことも。現在も週末の多い日は90個売れるという。

 一方で、地元の高齢の常連客にも受け入れられて来たという。里帰りで遊びに来た孫を連れ、「自分はこのかまぼこを食べて大きくなったんだよ」と、孫に紗雪氷と一緒にかまぼこを食べさせる祖父母の様子もよく目にするという。

 店でマンゴー味の紗雪氷を食べていた名古屋市の大学1年、幸仁恵(きみえ)さん(19)は「おいしいさつまあげを探して母と来たが、かき氷がありびっくり。甘いのとしょっぱいの、両方食べられてうれしい」。

 植山さんは「地域の人に『今年もこの季節だね』と言ってもらえるようになりうれしい。地域ににぎわいが戻るきっかけになれば」と話す。

 営業時間は午前9時半~午後6時半。日曜と第2、第4木曜が定休。子ども用のかき氷「プチ氷」も100円で販売している。問い合わせは植山かまぼこ屋(0995・42・0449)。(加藤美帆)