[PR]

 民間主導で医療費抑制や健康寿命の延伸をめざす「日本健康会議」は27日、健康保険組合と連携して従業員の健康増進に取り組む「健康経営」を実施する企業や社団法人などが539になり、目標の500を突破したと発表した。

 これらの法人は、従業員の食生活や運動に関する助言や、長時間労働の防止などに取り組んでいる。

 同会議は経済3団体や日本医師会、健康保険組合連合会、協会けんぽなどが参加し、2015年に発足。従業員や市民の健康づくりに関し20年までに達成する八つの目標を掲げている。

 今回新たに達成した目標は三つ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも