[PR]

 第41回全日本おかあさんコーラス全国大会(全日本合唱連盟、朝日新聞社主催、キユーピー協賛)は25日、松山市のひめぎんホールで始まった。初日は東京支部代表7団体のうち3団体が出場。東京都武蔵野市を中心に活動する「しらたま」と、ともに初出場の東京都北区の「女声合唱団『ヴォーチェ』」、都内各地で活動する「女声合唱 琳」は、いずれも優秀賞にあたる「ひまわり賞」を受賞した。

 2011年以来の全国大会出場となった「しらたま」は、アマゾンの熱帯雨林破壊に対する警鐘のメッセージを込めた「森の人々と共に闘う」を力強く歌い上げた。これまでに3度、支部大会では歌ってきたが、全国大会での披露は初めて。「災害が続く今だからこそ、このメッセージを全国に伝えなければ」と考えて選曲した。

 真珠のように「磨けば光る」をモットーに、週1回、練習を重ねてきた。代表の上田留美子さん(64)は「全力を出し切れました」と笑顔だった。

 今回が初出場の女声合唱団「ヴ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら