[PR]

 大相撲伊勢ケ浜部屋の新潟夏合宿が弥彦村で始まった。25日には弥彦神社相撲場で公開朝稽古が行われ、16人の幕下力士が約2時間汗を流した。

 今年から運営費を捻出するため有料(中学生以上500円)になったが、約1500人の地元ファンらが訪れ、激しく体をぶつけ合う力士に見入っていた。昨年引退し、同部屋のコーチになった元横綱日馬富士も白いまわし姿で訪れ、すり足で体の調子を整えながら稽古の様子を見守った。

 弥彦村の公開朝稽古は28日までの毎朝午前8時から。26日は日馬富士の化粧まわし奉納式も行われる。